このエントリーをはてなブックマークに追加

臨床研修制度の影響

カテゴリ: 医療の現状

臨床研修の義務化

2004年、臨床研修の義務化が導入されました。医師国家試験に合格したあと、実際の医療現場で一通りの診療科の経験を積むことが必要になったのです。今までも研修医の制度はありましたが、この制度改定から決定的に変わったことは、研修医は有給になったということです。大学の医学部を卒業した直後、それまでは大学の医局のもとで無給で研修を積んでいたのが、有給で研修できる場所をどこでも自ら選択して赴任するようになったのです。給与は大学病院よりも私立病院のほうが高いので、そういった研修先への流れが新たにできました。

医局の弱体化

研修医を大学の系列病院に送り込む権限を失って医局は弱体化しました。医局に所属して自分の大学と系列の地方の病院を回る若手医師は激減し、地方病院は医局から人材を確保するルートを失いました。そればかりか、大学病院自体が人材不足となり、地方に派遣していた若手医師を引き上げてしまい、地方病院は経営難に加えて医師不足で打撃を受けるという構造に陥っています。

このような人材の流れの変化の影響をまともに受けたのが冒頭に述べた銚子市立総合病院のような地方病院です。医局に人材確保を頼ってきた病院は深刻な「医師不足」に陥りました。しかし従来医師をリクルーティングすることもなかった病院経営者には、この問題の解決は容易ではないまま現在に至っています。