このエントリーをはてなブックマークに追加

組織としての病院

カテゴリ: 医師の職場の実態

病院の側も問題だらけ

若い世代の医師がコミュニケーションを上手にとれないだけでなく、雇う病院の側にも問題は山積です。民間企業と違って、長い間経営感覚を持たすに病院を運営してきた体質が環境改善の障害となっています。たとえば、高給を用意してやっと雇い入れた医師がすぐやめてしまうケースでは、病院側はこの医師が勤務するようになったあと、ほとんどコミュニケーションをとっていなかったというのです。病院は激務であり、医師同士、医師と病院のコミュニケーションもよほど積極的に機会を設けなくてはできません。また、「優等生」だった医師たちにとって、「他人の評価」はとても大事で、何もフィードバックがないと「評価されていない」と感じてしまいます。このような意思の疎通の問題に関しては、雇用する病院の側が積極的に関与して解決しなくてはなりません。

難しい病院経営

病院の経営は医師出身者が行っている場合もあります。昔の医療事情ならそれでもなんとかなっていましたが、現代の病院経営は企業経営と同様に極めて難しいものです。サービスや設備をよくして外来患者を増やし、増やしただけではだめで、病床稼働率を上げ、手術室や検査設備の稼働率も上げて診療報酬額を最大化し、経費は徹底削減・・・と多くの意思決定を積み重ねます。そして、病院経営の最も主要な課題は、適正な報酬で適性に仕事をしてもらう、いい医師を雇うことであることは言うまでもありません。